白いイチゴって何?ミルキーベリーの味、値段、どこで売ってるの?詳しくはコチラ!!

  • 2021年2月19日
  • 2021年3月9日
  • くだもの
  • 998View
  • 0件

ミルキーベリー(白いイチゴ)とは?

『ミルキーベリー』とは一体なんなのか?

『ミルキーベリー』は「白イチゴ」の一種です!!!

「白イチゴ」はなぜ白いのかというと、赤いイチゴは「アントシアニン」という物質があるために赤い色になっています。

「アントシアニン」とは、、、
ブルーベリーやワインなどに含まれているポリフェノール(色素成分)です。

「白イチゴ」には「アントシアニン」が含まれていません。品種改良の中で「アントシアニン」を生成しないイチゴを掛け合わせてなるべく赤くならないイチゴを作っていったのです。

そして、「白いちご」の種類の中1つが『ミルキーベリー』です。『ミルキーベリー』は栃木県の農業試験場で開発された品種で、栃木県以外では栽培が認められていません。

2019年ごろから販売が開始された新しい品種です。

 

ミルキーベリーはどんな味?

気になる味ですが、栃木県知事のプロモーションでのコメントです。

「イチゴのようでイチゴでない味。まるで完熟したキウイフルーツ!!」
と言っています。

その他にも「まろやかな食感と甘さがウリ」とのこと!!

さらに、ネット上の口コミでは

さっぱりとした甘さで食感も他のイチゴとは違う新感覚!!

もはや、新しい果物のような気がする!!

食感が全然ちがう!!ジューシー!!

このように、食感についてのコメントが多く見られました。

「新感覚」なんて聞くと、すごく食べたくなりますネ!!

https://twitter.com/itigonosatofarm/status/1362700834656542723

ミルキーベリーの値段は?

次は気になる価格ですが、、、、、

「高級品」です!!!

大きさによっては1粒600円するものもあります!!1パック5個入りで2000円するものもあります!!

驚きですね。

しかし、これには理由があります
1年間の日本全国のイチゴの収穫量は、16万5200トンあります。
(令和元年度・農林水産省調べ)

その中で「ミルキーベリー」はわずか
0.45トンしか出荷していません。

なので非常に希少なイチゴです。

「希少、そして品質へのこだわり」
そのため価格の上昇が起きていると言えるでしょう!

出荷量を増産を目指してはいますが、
まだまだ希少さは続きそうです。

栃木県では
『特別なときに、特別な人に送る、特別なイチゴ』
として売り出しています。

https://twitter.com/takemichi0902/status/1362296138783580160

ミルキーベリーはどこで売ってるの?

ここまでくると「ミルキーベリー」が、食べたい食べたい!!
となっているでしょうが、、、
どうやって買えばいいのか?

残念ですが『ミルキーベリー』は、今のところ通販では買えません。涙

栃木県内の道の駅などの販売所で、買うしかありません。栃木県の近隣でしたらスーパーなどでもしかしたら見かけるかもしれませんが、、、

生産者は栃木県在住の農家と決められているので、他県では栽培することが出来ないのです。

なので、通販で全国で食べることができるようになるにはもっと生産量が増えてからになるでしょう。
もし栃木県に行くことがあれば、是非食べて見てくださいネ!!

その他の白イチゴ

『ミルキーベリー』の他にも白イチゴは数種類あります。

種類によって「味」は違いますが、是非食べて見てください。「白イチゴ」について「種類、購入場所」は、こちらでまとめていますので参考にしてください!!

関連記事

https://twitter.com/F4loveRingo/status/1360162999059681281 食べチョクに限らず。知っている人は知っている『白イチゴ』デパートで売っていたり、ちょっとお高いケーキなどにのって[…]

最新情報をチェックしよう!